映画(洋画)

Netflix 映画 もう終わりにしよう。|あらすじやキャスト・予告編の感想と考察

「もう終わりにしよう。」は2020年9月にNetflixで配信予定の映画です。気になるので予告編観て色々調べてまとめました。

哀愁ある映像と、タイトルからしてスリラー系かヒューマンドラマか・・・それでは考察ブログをどうぞ!

もう終わりにしよう。|おすすめ度

どうやら原作小説は哲学的で難しくて、あまり評価は高くないらしい
  • ミステリー映画
  • 哲学的映画
  • コピーや予告編からの期待度




もう終わりにしよう。|あらすじ(ネタバレ含みます)

ある年の冬、ジェイクは恋人を両親に紹介することにし、彼女を連れて車で実家へと向かっていた。恋人は何かを終わらせたがっていたが、その思いを伝えられずにいた。実家に到着した恋人はジェイクの両親から歓迎されたが、異様なほどのテンションの高さ(特に母親の)に困惑を隠せなかった。その後も恋人は次々と不気味なもの―体を震わせ続ける犬や幼少期の自分と瓜二つな子供の写真―を目撃し、精神的に疲れ果ててしまった。

帰宅の途についた2人だったが、ジェイクが「甘い物を食べたい」と言い出したため、近くのデイリークイーンに立ち寄ることにした。それから続く一連の出来事の中で、恋人は言葉にできないほどの恐怖を味わうことになった上、徐々に現実と非現実の区別が付かなくなっていく。

ウィキペディアより

もう終わりにしよう。|キャスト

ジェイクの恋人役|ジェシー・バックリー

  • 生年月日:1989年12月28日(30歳)※2020年8月時点
  • 出身:アイルランド出身
  • 出演作:ワイルド・ローズ(ローズ=リン・ハーラン役)

ジェイク役|ジェシー・プレモンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dang im hot

Jesse Plemons(@jesseplemons)がシェアした投稿 –

  • 生年月日:1988年4月2日(32歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:母が教えてくれたこと(デヴィット役)、アイリッシュマン(チャッキー・オブライエン役)
  • 配偶者:キルスティン・ダンスト




ジェイクの母親役|トニ・コレット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toni Collette photographed by @portroids, 2013. 🥰

Toni Collette(@bestofcollette)がシェアした投稿 –

  • 生年月日:1972年11月1日(47歳)※2020年8月時点
  • 出身:オーストラリア出身
  • 出演作:シックス・センス(リン・シアー)、イン・ハー・シューズ(ローズ・フェラー)

ジェイクの父親役|デヴィッド・シューリス

  • 生年月日:1963年3月20日(57歳)※2020年8月時点
  • 出身:イギリス出身
  • 出演作:セブン・イヤーズ・イン・チベット(ペーター・アウフシュナイター)、ハリー・ポッターシリーズ(リーマス・J・ルーピン )
  • 身長:191cm




もう終わりにしよう。|考察・まとめ

2016年に発売された同名の小説が原作の映画です。作者はカナダ出身のイアン・リード氏。

映画は『マルコヴィッチの穴』や『エターナル・サンシャイン』の監督チャーリー・カウフマン監督です。

Amazonによるこの小説のレビューは★2.2と低い評価です。
難しいのか暗いのかあまりいいレビューはついていません。

ジェイクと「私」(主人公)はカップルで、ジェイクの実家へ行き初めて両親と対面しようというところから始まるストーリー。

「私」は「もう終わりにしよう」という気持ちを隠して両親と対面しますが、ジェイクの家も家族も何か違和感がある様子。

犬はずっと首を振っているし、ジェイクの母は異様に笑っているし、ジェイクの昔の写真かと思えば自分の写真があるし・・・。ジェイクもなんだか表情がなくなってない?ジェイク怪しい・・・。

予告編でも謎が多すぎるこの作品。
小説の感想に多い言葉は「不穏」。とにかく穏やかではないですね。

また時間を超えるようなシーンがあります。
そしてとにかく雪のフルシーン・・・。だいぶ怖いです。

原作を読んだ方にはこの小説をどうやって映像化するのか楽しみだという意見も多いようです。


私も気になって仕方がない・・・。
すみません、また観てから感想UPします(笑)

 

もう終わりにしよう。|予告編

ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode





ABOUT ME
ハルナツ
こんにちは。ハルナツです。 私の癒やしである「映画」と「海外ドラマ」、あとちょこっと「ヨガ」についてをご紹介しています。 映画も海外ドラマも「恋愛」「ヒューマンドラマ」がメインです。映画はタイトルやジャケッドがおしゃれなものや、女子が頑張る系のものを気ままに選んで観ています。 あまり批評はせず、その映画やドラマで学んだことをメインに感想を書いています。