映画(洋画)

映画 幸せの始まりは |洋題がしっくりくる!キャストやあらすじ・感想について

「幸せの始まりは」(洋題:How Do You Know)はあの「キューティーブロンド」のエル・ウッズを演じたリース・ウィザースプーン主演映画♡
ちょっとした三角関係映画ですが、凹んだ気持ちがちょっとハッピーになれる、そんな作品でした!それでは紹介ブログをどうぞ!

幸せの始まりは|おすすめ度

「三角関係映画」なのに登場人物が概ねいい人で人間味があって、ほっこりします笑
  • 恋愛映画
  • ヒューマンドラマ
  • ちょっとほっこり映画




幸せの始まりは|あらすじ(ネタバレ含みます)

プロソフトボール選手のリサは、ある日突然チームを解雇されてしまう。それまでの人生全てをソフトボールに捧げてきた彼女にとって、この出来事はあまりにもショックなものだった。また、リサは現在交際中の恋人のことでも悩んでいた。彼女の恋人マティは、メジャーリーグでピッチャーとして活躍している有能な選手だが、女好きで本当にリサを愛しているのかさえ疑わしかった。そこでリサは気分転換に、友人に紹介された別の男性とデートをする。その男性ジョージは、父親と貿易会社を共同経営している青年実業家だが、現在は身に覚えのない投資詐欺の疑いで起訴されるか否かといった瀬戸際に立っていた。リサとジョージ、お互い人生の最悪な時に立っている二人は、いつしか惹かれあっていく。

ウィキペディアより

幸せの始まりは|キャスト

リサ役|リース・ウィザースプーン

  • 生年月日:1976年3月22日(44歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:キューティ・ブロンド(エル・ウッズ)、メラニーは行く!(メラニー・カーマイケル) 、リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密(エレナ・リチャードソン)

ジョージ役|ポール・ラッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

look at him

Paul Rudd ❤️🖤❤️🖤(@paul_rudd_stan)がシェアした投稿 –

  • 生年月日:1969年4月6日(51歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:フレンズ(マイク・ハニガン)、アントマン(スコット/アントマン)、40歳からの家族ケーカク(ピート)
  • 身長:175cm




マティ役|オーウェン・ウィルソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Owen Cunningham wilson🔵(@owen_wilson9ben)がシェアした投稿

  • 生年月日:1968年11月18日(51歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:ミッドナイト・イン・パリ(ギル)、ワンダー 君は太陽(ネート・プルマン※オギーの父親)

チャールズ・マディソン(ジョージの父) 役|ジャック・ニコルソン

  • 生年月日:1937年4月22日(83歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:恋愛適齢期(ハリー)、最高の人生の見つけ方(エドワード)




 

アニー役|キャスリン・ハーン

  • 生年月日:1973年7月23日(47歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:10日間で男を上手にフル方法(ミシェル)

幸せの始まりは|洋題「How Do You Know」 の意味

 How do you know → 訳)なんでわかるの?

邦題「幸せの始まりは」と全然違いますが、よくある邦題らしい邦題(笑)
邦題のタイトルでどんな映画かな・・?と興味が湧くので邦題的には正解だと思うのですが、映画を観たあとは洋題の方がしっくりきます。

「なんで(私の気持ちが)わかるの?」というシーンが多々あります。

幸せの始まりは|感想と考察・まとめ(ネタバレあり)

リサは31歳でプロソフトボールプレイヤー、チームからの信頼も厚くソフトボール一筋で頑張ってきたのに急にチームを外され引退の道に・・・。

一方ジョージは見に覚えのない投資詐欺の疑いに、更に父親から罵倒されいきなり窮地に追い込まれます。ジョージも信頼の厚い人間で、秘書のアニーにとても心配されます。
アニーは急に会社にいけなくなったジョージにご飯を作ったり状況を伝えにきたりと、上司と秘書の関係から良い友人関係になります。

リサにはメジャーリーグ選手のマティという彼氏がいますが、マティの言動や家の状況から他の女の影があり、リサはマティに対して半信半疑です。

そんな中、ひょんなことからリサとジョージは食事に行くことになります。

ジョージは投資詐欺疑いに掛けられた翌日で、リサはチームを外されたことを知った直後でした。ジョージは二日酔いも合ってかせっかくのデートなのに話がうまくできないのですが、リサはそういう時はただ黙って食事を食べようと提案します。

ジョージこの黙って食事をしたことで落ち着きを取り戻します。リサに惹かれ始めていきます。(ここが1つ目の「なんでわかるの?」ポイント)

一方チームを外されて落ち込んでいるところ、マティと口論になるのですが冷静に話し合い謝罪をしたリサにマティはリサを本命と考え、リサに同棲を申し入れます。落ち込んでいたリサに優しいマティにリサも同棲を進めます。
(2つ目の「なんでわかるの?」ポイント)

ですが同棲の初日にリサがジョージと会い、荷物をマティの部屋に持ってきてもらったところマティとまた口論になってしまいます。

リサはそのままジョージの部屋で近況を話します。
ジョージが何も否定せず話を聞いてくれるので徐々に落ち着いていくリサ。
(3つ目の「なんでわかるの?」ポイント)

少し落ち着いたところでマティからリサへ謝罪の連絡があり、リサはマティの元へ戻っていきます。

・・・と、こんなシーンが何度か出てきて落ち着くところに落ち着くという映画です。
(無理やりな終わらせ方ですみません。)

「なんでわかるの?」ってふわっと我に返るというか、冷静になるというか
「あ、わかってくれる?」という共感ポイントなんですよね。

ここに焦点を置いた映画でした。

大きな盛り上がりはないのですが、この共感のありがたさがじわじわ来ます。

この映画で一番好きなキャラクターは秘書のアニー。
大変な時に心配してくれる人がいるって本当にありがたいことですよね。

わかってくれる人を大切に!


(c)AFP/Getty Imagesより

幸せの始まりは|予告編

ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode





ABOUT ME
ハルナツ
こんにちは。ハルナツです。 私の癒やしである「映画」と「海外ドラマ」、あとちょこっと「ヨガ」についてをご紹介しています。 映画も海外ドラマも「恋愛」「ヒューマンドラマ」がメインです。映画はタイトルやジャケッドがおしゃれなものや、女子が頑張る系のものを気ままに選んで観ています。 あまり批評はせず、その映画やドラマで学んだことをメインに感想を書いています。