映画(洋画)

映画 ミッドナイト・イン・パリ|雨のパリを散歩して自分と向き合おう!キャストやあらすじ・感想

「ミッドナイト・イン・パリ」は2012年公開、油絵背景に主演のオーウェン・ウィルソンが歩いている映画ジャケットが気になる映画!

この映画はおしゃれミュージックとパリの街並みから始まるオシャレ映画であり、摩訶不思議なタイムトリップのストーリーです。それでは紹介ブログをどうぞ!

ミッドナイト・イン・パリ|おすすめ度

ストーリー展開が面白く、全体的に音楽と映像がおしゃれな映画としてオススメします!
  • ストーリーが面白い映画
  • 映像が綺麗な映画
  • 音楽がよい映画




ミッドナイト・イン・パリ|あらすじ(ネタバレ含みます)

映画脚本家でありながらも、小説家を目指し処女小説の執筆に悪戦苦闘中のギル・ペンダー は婚約者のイネス とその裕福な両親とともにパリを訪れる。ギルはパリに住みたいとさえ考えているが、イネスはマリブに住むと言って聞いてくれない。2人はイネスの友人ポール と遭遇し、ともに街を回る。イネスはポールを気に入っているものの、彼が偉そうに語る歴史や芸術の薀蓄には間違いが多く、インテリぶったポールがギルにはどうにも鼻持ちならない。

ある夜の12時、ギルは酒に酔ったままパリの街をうろついていると、アンティークカーが止まり、車中の1920年代風の格好をした男女がギルを誘う。そして向かったパーティには、コール・ポーター、F・スコット・フィッツジェラルドと妻ゼルダがいた。そのパーティはジャン・コクトーのパーティだった。そこでギルは、彼が黄金時代と評し、愛して止まない1920年代のパリに来ていたことに気づく。その後、フィッツジェラルド夫妻、ポーター夫妻と行ったクラブでは、ジョセフィン・ベイカーもいた。その後に、フィッツジェラルド夫妻と飲みに入ったバーでは、アーネスト・ヘミングウェイと出会う。ヘミングウェイに自分の小説を読んでくれないかともちかけたギルだったが、ヘミングウェイに「自分は読みたくないが、代わりにガートルード・スタインを紹介しよう」と言われ、舞い上がる。

次の夜、イネスを一緒に誘うが、真夜中になる前にイネスは「疲れた」と帰ってしまう。彼女が帰るやいなや、夜中の12時の鐘が鳴り、古いプジョーが現れた。今度はヘミングウェイが乗っていた。彼と一緒にスタインの家へ行くと、今度はそこにパブロ・ピカソとその愛人、アドリアナがいた。スタインはピカソと彼の描いたアドリアナの肖像画について論議をかわしていた。そこで初めてアドリアナに会ったギルは、一目惚れしてしまう。

ウィキペディアより(一部抜粋)

ミッドナイト・イン・パリ|キャスト

ギル・ペンダー役|オーウェン・ウィルソン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Owen Cunningham wilson🔵(@owen_wilson9ben)がシェアした投稿

  • 生年月日:1968年11月18日(51歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:ワンダー 君は太陽(ネート・プルマン※オギーの父親)

イネス役|レイチェル・マクアダムス

  • 生年月日:1978年11月17日(41歳)※2020年8月時点
  • 出身:カナダ出身
  • 出演作:アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(メアリー)、恋とニュースのつくり方(ベッキー・フラー)




アーネスト・ヘミングウェイ役|コリー・ストール

  • 生年月日:1976年3月14日(44歳)※2020年8月時点
  • 出身:アメリカ合衆国出身
  • 出演作:アントマン(ダレン・クロス)

アドリアナ役|マリオン・コティヤール

 

この投稿をInstagramで見る

 

…Rock’n’roll #rocknrolllefilm @guillaumecanetofficiel 🤣🤣🤣

@ marioncotillardがシェアした投稿 –

  • 生年月日:1975年9月30日(44歳)※2020年8月時点
  • 出身地:フランス・パリ出身
  • 出演作:エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(エディット・ピアフ)、 サンドラの週末(サンドラ)




ガブリエル役|レア・セドゥ

  • 生年月日:1985年7月1日(35歳)※2020年8月時点
  • 出身:フランス・パリ出身
  • 身長:168cm
  • 出演作:アデル、ブルーは熱い色(エマ)、美女と野獣(ベル)

ミッドナイト・イン・パリ|感想と考察・まとめ

パリ街並みや美術品が沢山でてきて、とにかくオシャレな映画です。
監督は「それでも恋するバルセロナ」のウディ・アレンで、舞台はフランスですがスペインの映画です。

オーウェン・ウィルソン演じる主役のギルがとってもいいキャラクターです。
素直で憎めないけど、うだつの上がらない主人公です。

ギルの婚約者イネスは今どきのお金持ちのお嬢様という感じで、両親共にギルとソリが合いません。ギル目線でどうしても観てしまうのでイネスの両親も友人も観ていてイライラしてしまう^^;

そしてふわっとタイムスリップするギル。次々と面白いほど登場する偉人達・・!

ヘミングウェイかっこよすぎでしょう(笑)飲みに行ってすぐ近くにダリがいたり、
都合よくこんな有名ドコロが揃ってめちゃめちゃ笑えます。

それを柔軟に受け入れ、ヘミングウェイに小説をみてもらおうとする行動力のあるギルも面白い。

真夜中のパリは何も1920年代だけにタイムスリップをするというわけでもないことも面白く、そしてタイムスリップすると都合よく著名人が車に乗れよ!と誘ってくる設定もおもしろすぎです(笑)

その辺りは「主人公のキャラクターに合わせてあたたかい目でみてね」感がでてます(笑)

ただギルは2010年代の現代人なので、現実にやはり戻ってくるわけですね。
タイムスリップによって学んだ彼はどう行動するのか・・!

おしゃれで難しい映画かと最初思っていましたが
展開がよく前向きでスッキリする映画でした♡

過去に現実逃避せず、今の自分の感性を大切に。

ミッドナイト・イン・パリ|予告編

ARVE Error: Mode: lazyload not available (ARVE Pro not active?), switching to normal mode





ABOUT ME
ハルナツ
こんにちは。ハルナツです。 私の癒やしである「映画」と「海外ドラマ」、あとちょこっと「ヨガ」についてをご紹介しています。 映画も海外ドラマも「恋愛」「ヒューマンドラマ」がメインです。映画はタイトルやジャケッドがおしゃれなものや、女子が頑張る系のものを気ままに選んで観ています。 あまり批評はせず、その映画やドラマで学んだことをメインに感想を書いています。